Loading...

ドライバ製品の自動検査装置開発


ドライバ製品の出荷検査工程を自動化しました

弊社の主力製品であるドライバ製品の検査工程を自動化しました。

ドライバ製品とは
コントローラからの制御信号をモータに伝える役割をもっており、指令とフィードバック信号との誤差を演算し、誤差がゼロになるようモータ回転を制御する装置


主な検査内容

  • 製品パラメータの設定
  • ドライバーモータ間の通信確認
  • 設定パラメータでのモータ動作確認
  • 各種アラーム出力確認
  • 外観検査

これらの主項目を「外観検査」を除き、すべて自動化しました。

改善成果

  • 改善前(手動検査):5分/1台
  • 改善後(自動検査):4分/1台


改善後は作業者1人につき自動検査装置複数台持ちが可能となり、生産性は約2倍となりました。

自社開発ドライバ制御用I/O


ドライバーモータ間の信号をやりとりし、制御用コンタクタ等への指令を担うI/Oボードを自社開発しました。写真は開発時のもので、のちにプリント基板を起こし、弊社で扱うほぼすべての製品の汎用I/Oとして使用しています。

ドライバ制御用I/O仕様

  1. PCプログラムからの指令で制御部(コンタクタ、リレー)の制御機能
  2. ライン切断機能
  3. アナログスイッチング機能
  4. アナログ・デジタル値の測定機能
  5. エンコーダ信号入力機能
  6. インターフェース電圧の切り替え機能


当I/O基板を正式にプリント基板で製造し、自社製IF基板として開発しました。
詳細はこちら「ドライバ検査用I/O基板の自社開発

自社開発検査ソフトウェア


I/Oへの指令、ドライバのパラメータ変更、マルチメータとの通信等を行うPCプログラムをVB.netにより開発しました。取得したデータはしきい値判定され、サーバ内のデータベースに格納されます。

【改修予定】過去データKPIを参照し、製品のデータの不良傾向及び、装置の劣化等を予防